横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024…

横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024年3月15日、約3年にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープン。 2024年3月15日~6月9日「第8回横浜トリエンナーレ」開催。https://yokohama.art.museum/

マガジン

  • 【#休館中日記】まとめ

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

  • 【今月の1点】まとめ

    13,000点を超えるコレクション作品から、学芸員のテキストでご紹介します。

  • 【横浜美術館クイズ】まとめ

    横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください!

  • 【美術館のひとびと】まとめ

    リニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。この機会にさらなる魅力アップを図ろうと意気込む美術館のスタッフは、お休みのあいだも忙しく働いているようです。でも、いったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフとはどんな人で、どんな仕事をしている人? そんな素朴なギモンに、日ごろ表に出ることのない美術館のひとびとがお答えします!

  • 【横浜美術館コレクション×18区】まとめ

    横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。「横浜美術館コレクション×18区」では18区ゆかりの作家や作品をご紹介します。

ウィジェット

リンク

記事一覧

固定された記事

より明るく快適に生まれ変わる横浜美術館で心地良い時間をお過ごしいただきたい。――vol.12 館長 蔵屋美香

2023年度のリニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。美術館のスタッフはお休みのあいだも忙しく働いているようですが、彼らはいったい…

横浜美術館
5か月前
33

【#休館中日記】vol.29(2024年2月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
11日前
16

二度と見られない光景―福山秀治《ミルク瓶のふた》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
12日前
15

横浜美術館クイズ〈第29問〉

月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第29問〉 当館所蔵のこちらの版画作品。作者は誰でしょう。 ①レンブラント…

横浜美術館
2週間前
7

【レポート】葉っぱをぬいぬい、植物の変化を楽しむ作品づくり

横浜美術館では2015年度から横浜国立大学教育学部と連携し、戸部ハマノ愛生園の高齢者の方々を対象に美術を楽しむプログラムを開催してきました。2020年度以降、新型コロナ…

横浜美術館
3週間前
31

【#休館中日記】vol.28(2024年1月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
1か月前
11

横浜美術館クイズ

休館中の新企画として「横浜美術館クイズ」をスタートします。月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第28問〉 色ガ…

横浜美術館
1か月前
75

絵から香りを感じますか?―上村松園《楚蓮香之図》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
1か月前
85

しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バートレット《横浜根岸の雪》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
2か月前
36

【#休館中日記】vol.27(2023年12月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
2か月前
5

【レポート】BankART Stationの臨時スタジオで作品制作を進めました

今回、淺井裕介さんが手がけているのは、大小様々な9枚のパネルを組み合わせると、横約4m×縦約3mの長方形になる作品。前回のレポートでは、いくつかのパネルを横浜信用…

横浜美術館
2か月前
24

【#休館中日記】vol.26(2023年11月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
3か月前
9

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
3か月前
19

【レポート】横浜信用金庫3つの支店で淺井裕介さんが公開制作を行いました

前回のレポートでご紹介した「土絵具」を用いて、現代美術家 淺井裕介さんの作品制作が本格的に始まりました。 そのスタートを飾ったスペシャルな取り組みは、横浜信用金庫…

横浜美術館
3か月前
16

【#休館中日記】vol.25(2023年10月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
4か月前
27

凛とした佇まいのあなたは?―エドガー・ドガ《ルーヴル美術館考古展示室にて、メアリー・カサット》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
4か月前
21
固定された記事

より明るく快適に生まれ変わる横浜美術館で心地良い時間をお過ごしいただきたい。――vol.12 館長 蔵屋美香

2023年度のリニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。美術館のスタッフはお休みのあいだも忙しく働いているようですが、彼らはいったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフってどんな人? そんな素朴なギモンにお答えするシリーズ第12弾は、いよいよ館長が登場。2020年4月に就任し、まさに新生・横浜美術館の舵取役として奮闘中です。リニューアルで何が変わるのか、変わらないのか。そして横浜美術館はどこへ向かおうとしているのか。今お話しできる最新情

【#休館中日記】vol.29(2024年2月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

二度と見られない光景―福山秀治《ミルク瓶のふた》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 ふたりの少年が建物の前でゲームに興じています。作品からは、勝負に熱中するふたりの緊張感が伝わってきます。この写真でとくに目を引くのは、地面や建物に落ちる光の表現ではないでしょうか。地面に落ちる光は、少年たちを照らすスポットライトであり、彼らの真剣勝負の舞台をも形づくっています。また、

横浜美術館クイズ〈第29問〉

月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第29問〉 当館所蔵のこちらの版画作品。作者は誰でしょう。 ①レンブラント・ファン・レイン ②ディエゴ・ベラスケス ③ウジェーヌ・ドラクロワ ④エドゥワール・マネ みんなの回答をチェック  クイズの正解はこちら

【レポート】葉っぱをぬいぬい、植物の変化を楽しむ作品づくり

横浜美術館では2015年度から横浜国立大学教育学部と連携し、戸部ハマノ愛生園の高齢者の方々を対象に美術を楽しむプログラムを開催してきました。2020年度以降、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から開催を見合わせていました。今年度は、作家・柵瀨茉莉子(さくらい・まりこ)さんのご協力を得て、大学生と高齢者が直に触れ合わずに植物や作品を介して交流するプログラムを組み立て、実現にこぎつけることができました。 参加した学生に、その活動の様子をレポートしていただきました。 みなさん

【#休館中日記】vol.28(2024年1月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

横浜美術館クイズ

休館中の新企画として「横浜美術館クイズ」をスタートします。月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第28問〉 色ガラスと金箔を混ぜた飾筥(かざりばこ)で、独自のガラス工芸分野を確立した藤田喬平。 どこの国でガラスを学んだでしょう。 ①ドイツ ②チェコ ③デンマーク ④イタリア みんなの回答をチェック  クイズの正解はこちら 藤田喬平の作品動画はこちら 〈第27問〉 2024年3月15日にリニューアルオープンする横浜美

絵から香りを感じますか?―上村松園《楚蓮香之図》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 ゆるやかな曲線を描き、流れるように歩く女性のまわりを、蝶が舞っています。楚蓮香は中国唐時代の伝説の美女です。身体から漂ういい香りに魅せられて、外を歩くと蝶や蜂が飛び従ったといわれています。絵の作者は、生涯をかけて女性を描き続けた上村松園。絵画は目でみるものですが、目にみえるもの以上の

しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バートレット《横浜根岸の雪》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 海沿いの集落に降りつもる雪のなかを行く、3人の男性。詩情に満ちた雪景色は、歌川広重の有名な浮世絵版画《東海道五拾三次 蒲原夜之雪》にも通じます。イギリスの画家・バートレットは、旅で訪れた東京で版元の渡邊庄三郎に出会い、この「新版画」に取り組みました。新版画とは、江戸の浮世絵の伝統を近

【#休館中日記】vol.27(2023年12月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

【レポート】BankART Stationの臨時スタジオで作品制作を進めました

今回、淺井裕介さんが手がけているのは、大小様々な9枚のパネルを組み合わせると、横約4m×縦約3mの長方形になる作品。前回のレポートでは、いくつかのパネルを横浜信用金庫様の3つの支店で公開制作している様子をご紹介しましたが、 その後はみなとみらい線新高島駅の構内にあるアートスペースBankART Stationに臨時スタジオを設けて、大規模な制作に突入。12月2日までのほぼ毎日、朝から晩まで作業が続きました。作品は大きくても、ひとつひとつの作業は細かく、果てしなく・・・。制作を

【#休館中日記】vol.26(2023年11月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 裃を着けた江戸時代の武士の姿で立つ男性。その顔立ちは外国人です。この絵には西洋と日本が合わさった不思議さが感じられます。江戸時代の末、港が開かれた横浜は、外国からの人々や商品が上陸し、活気ある交流で賑わう街となりました。五姓田芳柳は、浮世絵や、正統な絵画の流派であった狩野派に学んだだ

【レポート】横浜信用金庫3つの支店で淺井裕介さんが公開制作を行いました

前回のレポートでご紹介した「土絵具」を用いて、現代美術家 淺井裕介さんの作品制作が本格的に始まりました。 そのスタートを飾ったスペシャルな取り組みは、横浜信用金庫様の3つの支店を巡る「公開制作ツアー」!2023年10月の3・4日に鶴ヶ峰支店(旭区)、11・12日に本店営業部(中区)、18・19日に市場支店(鶴見区)で行われました。 淺井さんは、今回制作する作品が横浜信用金庫様の100周年記念事業に因んでいることから(横浜市ウェブサイト「横浜市長の部屋」)、「支店で働いている

【#休館中日記】vol.25(2023年10月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

凛とした佇まいのあなたは?―エドガー・ドガ《ルーヴル美術館考古展示室にて、メアリー・カサット》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 つばのある帽子をかぶり、ウエストをしぼった大きな襟の上着をきこなす女性。彼女は当時の最新ファッションに身を包み、パラソルではなく男性用の雨傘を手にしています。彼女はドガの弟子であった画家メアリー・カサット。そして、その横に座る女性はカサットの姉がモデルになっていると目されます。当時の