横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024…

横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024年3月15日、約3年にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープン。 2025年2月全館オープン予定。 https://yokohama.art.museum/

マガジン

  • 【#美術館日記】まとめ

    3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。「美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!ぜひご覧ください。

  • 【今月の1点】まとめ

    14,000点を超えるコレクション作品から、学芸員のテキストでご紹介します。

  • 【横浜美術館「ユースプログラム」活動レポート】

    現代アートの国際展「第8回横浜トリエンナーレ」(2024/3/15~6/9開催)を舞台に、10代を対象とする全6回のプログラムを開催しました。参加者は、作品やアーティスト、専門家とのワクワクするような出会いを通して、美術のいろいろな魅力を体験し、感じたことや考えたことを表現しました。その活動の様子をレポートします。

  • 【横浜美術館クイズ】まとめ

    横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください!

  • 【#休館中日記】まとめ

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

ウィジェット

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

ティモシー・オサリヴァン《ショショーニ滝、スネーク川、アイダホ 正午の眺め。隣接する岸壁の高さ約1,000フィート》

14,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 ここに写されているのはアメリカ北西部のアイダホ州にあるショショーニ滝です。撮影当時、アメリカは西部開拓時代でした。オサリヴァンは、政府が実施した西部の地質と天然資源に関する4大調査のひとつに参加しました。写真左下に写る男性の大きさから、この滝と渓谷の雄大さが伝わってきます。オサリヴァ

    • 【#美術館日記】vol.4(2024年6月配信)

      3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。 「#美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!

      • 【第1回】「いま、ここで生きてる」ってなんだ?!

        横浜美術館では、現代アートの国際展「第8回横浜トリエンナーレ」を舞台に、10代を対象とする全6回のプログラムを開催しました。今回は「横浜トリエンナーレを体験しよう!伝えよう!」と題した、ユースプログラム第1回目の様子をレポートします。 初日は、横浜美術館の「市民のアトリエ」に集合し、参加するみなさんの顔合わせからスタートしました。はじめて来る場所やはじめて会う人に、みなさん少し緊張気味だったでしょうか? まずは、心と体をほぐすために○×ゲームをおこないました。「今日、朝

        • 【#美術館日記】vol.3(2024年5月配信)

          3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。 「#美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!

        • 固定された記事

        ティモシー・オサリヴァン《ショショーニ滝、スネーク川、アイダホ 正午の眺め。隣接する岸壁の高さ約1,000フィート》

        マガジン

        • 【#美術館日記】まとめ
          4本
        • 【今月の1点】まとめ
          32本
        • 【横浜美術館「ユースプログラム」活動レポート】
          1本
        • 【横浜美術館クイズ】まとめ
          3本
        • 【#休館中日記】まとめ
          29本
        • 【美術館のひとびと】まとめ
          12本

        記事

          【#美術館日記】vol.2(2024年4月配信)

          3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。 「#美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!

          【#美術館日記】vol.2(2024年4月配信)

          【#美術館日記】vol.1(2024年3月配信)

          3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。 「#美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!

          【#美術館日記】vol.1(2024年3月配信)

          長谷川潔《奇術》

          14,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 細やかな線からなるドライポイント(金属板に直に線や形を彫る技法)の上に作家本人による手彩色が加えられ、画面全体は軽やかな空気に包まれています。タイトルの通り、「奇術」によって鳥や魚、蝶、理性の象徴である幾何学立体のキューブが姿を現しています。その奇術の使い手は中央にいる女性に違いない

          長谷川潔《奇術》

          はかない小さな遊園地―岩崎貴宏《アウト・オブ・ディスオーダー(コスモワールド)》

          14,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 岩崎貴宏は、歯ブラシやタオル、シャープペンシルの芯など、身の回りの小さな物を素材に、大きな風景を想像させる立体作品を生み出します。自身の髪の毛を素材にしたこの作品は、横浜のみなとみらい地区にある観覧車「コスモクロック」が建つ遊園地のミニチュアです。この作品が制作された2011年、東日

          はかない小さな遊園地―岩崎貴宏《アウト・オブ・ディスオーダー(コスモワールド)》

          【レポート】ついに淺井裕介さんの新作が完成し、横浜美術館に搬入!タイトルも決定!!

          これまで3回にわたって、淺井裕介さんの作品制作プロジェクト(※本レポート下部参照)の舞台裏をレポートしてきましたが、いよいよ今回が最終回。ついに完成した作品が、2024年3月22日(金)に横浜美術館に搬入されました。普段はあまり表に出ることのない搬入時の様子を、写真で少しご紹介します。 作品のタイトルは《八百万の森へ(やおよろずのもりへ)》に決定しました。 高さ325㎝ × 幅390㎝ という大きな作品は、9枚のパネル(大きさは4種類)に分割できるようになっていて、組み合わ

          【レポート】ついに淺井裕介さんの新作が完成し、横浜美術館に搬入!タイトルも決定!!

          横浜美術館クイズ〈第30問〉

          月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 今回で最終回になります。 〈第30問〉 3月15日から開幕する現代アートの国際展「第8回横浜トリエンナーレ」。 出展アーティストは何組いるでしょう。 ①100組 ②94組 ③86組 ④79組 みんなの回答をチェック  クイズの正解はこちら ※クイズは2024/3/8時点情報。2024/3/15時点では、93組。

          横浜美術館クイズ〈第30問〉

          横浜美術館 公式Instagramを開設しました

          横浜美術館の公式Instagramを開設しました! 3月15日のリニューアルオープンに向けて、Instagramでも情報を発信していきます。 以下のURLか、二次元コードからぜひフォローをお願いいたします。 横浜美術館 公式Instagram 横浜美術館のその他のSNSアカウントはこちら。 noteとあわせてぜひチェックしてください。 X Facebook YouTube

          横浜美術館 公式Instagramを開設しました

          【#休館中日記】vol.29(2024年2月配信)

          大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

          【#休館中日記】vol.29(2024年2月配信)

          二度と見られない光景―福山秀治《ミルク瓶のふた》

          13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 ふたりの少年が建物の前でゲームに興じています。作品からは、勝負に熱中するふたりの緊張感が伝わってきます。この写真でとくに目を引くのは、地面や建物に落ちる光の表現ではないでしょうか。地面に落ちる光は、少年たちを照らすスポットライトであり、彼らの真剣勝負の舞台をも形づくっています。また、

          二度と見られない光景―福山秀治《ミルク瓶のふた》

          横浜美術館クイズ〈第29問〉

          月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第29問〉 当館所蔵のこちらの版画作品。作者は誰でしょう。 ①レンブラント・ファン・レイン ②ディエゴ・ベラスケス ③ウジェーヌ・ドラクロワ ④エドゥワール・マネ みんなの回答をチェック  クイズの正解はこちら

          横浜美術館クイズ〈第29問〉

          【レポート】葉っぱをぬいぬい、植物の変化を楽しむ作品づくり

          横浜美術館では2015年度から横浜国立大学教育学部と連携し、戸部ハマノ愛生園の高齢者の方々を対象に美術を楽しむプログラムを開催してきました。2020年度以降、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から開催を見合わせていました。今年度は、作家・柵瀨茉莉子(さくらい・まりこ)さんのご協力を得て、大学生と高齢者が直に触れ合わずに植物や作品を介して交流するプログラムを組み立て、実現にこぎつけることができました。 参加した学生に、その活動の様子をレポートしていただきました。 みなさん

          【レポート】葉っぱをぬいぬい、植物の変化を楽しむ作品づくり

          【#休館中日記】vol.28(2024年1月配信)

          大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

          【#休館中日記】vol.28(2024年1月配信)