マガジンのカバー画像

【今月の1点】まとめ

8
13,000点を超えるコレクション作品から、毎月1点を学芸員のテキストでご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

ぬくもりの抽象絵画―ヴァシリー・カンディンスキー《網の中の赤》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

「いのち」をつつむ黒―長谷川潔《草花とアカリョム》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

1か月前

改修工事中の仮囲いに若手アーティストの作品が登場!女性と熊(??)のダンス―村上…

毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。今月は、2022年3月12日(土)より始まった、工事中…

2か月前

スフィンクスに登ってる奴は、誰だ?ーアントニオ・ベアト《遣欧使節とスフィンクス》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

3か月前

古き良き横浜のノスタルジー― 石渡江逸《横浜萬国橋》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

4か月前

いい味出してるこの線、どうやって描いている?―パウル・クレー《攻撃の物質、精神と…

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

5か月前

vol.2 怪力赤ちゃんの絵、海を渡る―渡辺幽香《幼児図》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 渡辺 幽香 《幼児図》 1893年(明治26)  油彩、カンヴァス /h. 57.8 × w. 84.0cm/横浜美術館蔵 明治時代に女性洋画家の草分けとなった渡辺幽香が、シカゴの万国博覧会に出品した作品です。 石臼を引きずりながらトンボをつかまえる、たくましい赤ん坊。豊臣秀吉に

スキ
15

vol.1 洞窟の女神の正体は!?ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

7か月前