マガジンのカバー画像

【今月の1点】まとめ

30
14,000点を超えるコレクション作品から、学芸員のテキストでご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

はかない小さな遊園地―岩崎貴宏《アウト・オブ・ディスオーダー(コスモワールド)》

14,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
17時間前
11

二度と見られない光景―福山秀治《ミルク瓶のふた》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
2か月前
17

絵から香りを感じますか?―上村松園《楚蓮香之図》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
3か月前
88

しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バート…

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
4か月前
37

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
5か月前
20

凛とした佇まいのあなたは?―エドガー・ドガ《ルーヴル美術館考古展示室にて、メアリ…

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
6か月前
22

謎めいたタイトルに込められた複雑な気持ち―瑛九《「眠りの理由」より》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 写真の印画紙の上に直接ものを置き、感光させる、「フォトグラム」という技法で作られた作品です。表紙にはフランス語で「Raison du sommeil(眠りの理由)」。謎めいたタイトルは、おそらくスペインの画家、フランシスコ・デ・ゴヤの有名な版画《理性の眠りは怪物を生む》(1799年)

瞬間を切り取る―恩地孝四郎《ダイビング》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
8か月前
26

暮らしに溶け込む季節感−山を描かず山開き示す美人画―尾形月耕《山開き》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
9か月前
22

まばゆくも長閑な夏のひとときを描く―中島清之《椿笑園の主達》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
10か月前
13

ミクロネシアの風に吹かれながら―ポール・ジャクレー《オウム貝、ヤップ島》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

横浜美術館
11か月前
16

「引き算」の魅力―アンリ・マティス 《顔をかたむけたナディア》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

17

緊張感とさわやかさが共にある心地良さ―小林古径《菓子》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリー…

21

追憶のかなたから―イヴ・タンギー《風のアルファベット》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 砂漠のような空間に、海洋生物の化石や太古の遺物を思わせる堆積物が強い光に照らされ、地面には濃い影が落ちています。タンギーが幼い頃に夏を過ごしたのは、石器時代の巨石遺跡があるフランス最西端のブルターニュでした。彼がパリで目にしたデ・キリコの絵に触発され独学で絵を描き始めた時、イメージの