横浜美術館

みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/

横浜美術館

みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/

    マガジン

    • 【#休館中日記】まとめ

      毎月第2火曜日更新。大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

    • 【今月の1点】まとめ

      毎月第3木曜日に更新。13,000点を超えるコレクション作品から、毎月1点を学芸員のテキストでご紹介します。

    • 【アートでめぐる横浜18区】まとめ

      新連載「アートでめぐる横浜18区」スタート!「横浜[出前]美術館」レポート、18区の魅力発見「みんなに伝えたい!わたしの街のいいところ」、18区ゆかりの所蔵作品や作家を学芸員のテキストでご紹介する「横浜美術館コレクション×18区」の3本立です。

    • 【横浜美術館コレクション×18区】まとめ

      横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。「横浜美術館コレクション×18区」では18区ゆかりの作家や作品をご紹介します。

    • 【横浜美術館クイズ】まとめ

      休館中の新企画として「横浜美術館クイズ」をスタートします。月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください!

    ウィジェット

    リンク

    最近の記事

    固定された記事

    企業と美術館は同じ未来を夢見る「街の仲間」だった。――vol.6 渉外担当 襟川文恵

    2023年度のリニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。美術館のスタッフはお休みのあいだも忙しく働いているようですが、彼らはいったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフってどんな人? そんな素朴なギモンにお答えするシリーズ第6弾は、渉外担当が登場。一般企業でもある職種ですが、美術館ならではのポイントがありそうです。地元企業とのコラボレーションから生まれた、横浜美術館コレクション作品を身近に楽しめるアプリについてもご紹介します! 横浜市

    スキ
    79
      • 【#休館中日記】vol.12(9月配信)

        大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

        スキ
        5
        • わたしはだれ?―ルネ・マグリット《王様の美術館》

          13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 山高帽子の男はマグリットが好んで絵のなかに登場させた人物です。この作品は体の輪郭線と目、鼻、唇といった顔のパーツを除いて、森と山の風景に満たされています。さらにマグリットはこの作品のタイトルを友人に決めさせたようです。そのほかいくつかの点でも謎めいて見えるでしょうか。しかし、同時にこ

          スキ
          22
          • 世界に1枚だけの版画を刷ってみよう! Part2

            「横浜[出前]美術館」–保土ケ谷区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」! 第12弾は、保土ケ谷区の横浜市岩間市民プラザに、ワークショップ「モノタイプ版画に挑戦!」をお届け!その様子をお伝えします。 そのほか、18区の魅力を発見する「みんなに伝えたい!わたしの街のいいところ」、18区ゆかりの所蔵作品

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【#休館中日記】まとめ
            横浜美術館
          • 【今月の1点】まとめ
            横浜美術館
          • 【アートでめぐる横浜18区】まとめ
            横浜美術館
          • 【横浜美術館コレクション×18区】まとめ
            横浜美術館
          • 【横浜美術館クイズ】まとめ
            横浜美術館
          • 【美術館のひとびと】まとめ
            横浜美術館

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            今につたわる今井川のほとりの小さな社―亀井竹二郎が見た明治初期の保土ヶ谷宿

            横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。 今回は、保土ケ谷区ゆかりの作品、亀井竹二郎の《保土谷駅 望湯殿山「懐古 東海道五十三次真景」より》についてご紹介します。 亀井竹二郎は、写真師にして画家でもあった横山松三郎や下岡蓮杖に就いて西洋画の技法を習得し、石版画の仕事にもたずさわった草創期の洋画家です。今日

            スキ
            5

            横浜美術館クイズ

            休館中の新企画として「横浜美術館クイズ」をスタートします。月に1回、横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください! 〈第12問〉 所蔵作家の中から、シュルレアリスムの代表的な美術家、マックス・エルンストに関する出題です。エルンストが当館所蔵の《少女が見た湖の夢》を制作するにあたり、用いた技法はどれでしょう。次の4択からお選びください。 ◆デカルコマニー ◆マーブリング ◆ドリッピング ◆スパッタリング みんなの回答をチェック  クイズの正解は

            スキ
            9

            木村伊兵衛から石内都まで。戦後日本の写真の系譜

            「横浜[出前]美術館」–港南区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」! 第11弾は、港南区の横浜市港南区民文化センター「ひまわりの郷」に、学芸員によるレクチャー「横浜美術館コレクションからみる戦後日本の写真」をお届け!その様子をご紹介します。 そのほか、18区の魅力を発見する「みんなに伝えたい!わた

            スキ
            9

            どんな音が聞こえてきますか?―横山大観《雲揺ぐ》

            13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 ※↓画像をクリックすると全体像がご覧になれます。 水墨画は、中国で唐時代に描かれるようになりました。日本では、その中国の絵に学びながら、鎌倉時代末から室町時代にかけてさかんに描かれるようになります。 雪舟はその代表的な絵描きとして知られています。唐時代の画家・殷仲容は、墨の黒色だけ

            スキ
            15

            【#休館中日記】vol.11(8月配信)

            大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

            スキ
            12

            夫婦そろって、は初の快挙! 共に高め合い、それぞれ築いた絵画世界。

            横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。 今回は、港南区ゆかりの山中雪人と水谷愛子による作品≪釈迦三尊≫と≪亮と兄ちゃん≫についてご紹介します。 山中雪人と水谷愛子は、共に広島育ちです。二人は終戦後に広島で出会い、ほどなく結婚して横浜市に新居を構えました。以後亡くなるまで、半世紀以上にわたり横浜市内に住み

            スキ
            8

            いまは自分という生き物を整理整頓する時期。「複数性」という版画の考え方が整理できたとき、次のステップに進める気がしています。

            横浜美術館では、将来活躍が期待される若手アーティストを紹介する小企画展「New Artist Picks」を、2007年よりアートギャラリーなど館内の展示スペースで開催してきました。 大規模改修工事による休館中は、その特別版となる「Wall Project」として、グランモール公園「美術の広場」に面した工事用仮囲いで、2回にわたり若手アーティストの創作を紹介します。 第1回目は、銅版画を主な表現手法とする村上早(むらかみ・さき)を紹介しています(2022年11月6日まで *予

            スキ
            11

            世界に1枚だけの版画を刷ってみよう!

            「横浜[出前]美術館」–南区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」! 第10弾は、南区の横浜市吉野町市民プラザに、ワークショップ「モノタイプ版画に挑戦!」をお届け!その様子をご紹介します。 そのほか、18区の魅力を発見する「みんなに伝えたい!わたしの街のいいところ」、18区ゆかりの所蔵作品や作家をご

            スキ
            7

            波間に浮かぶタコとカニ。確かな技術が可能にした 三代 井上良斎 の自由な作陶

            横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。 今回は、南区ゆかりの作品、井上良斎(三代)《波文象嵌壷 銘「海」》についてご紹介します。 南区は、古くから陶器制作にゆかりがあります。縄文土器の発掘や奈良時代の須恵器の生産、明治期の真葛窯の繁栄、そして南区永田東に保存されている三代井上良斎の登り窯も、貴重な文化遺

            スキ
            3

            見る角度で形が変わる山⁉―ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》

            13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。 サント=ヴィクトワール山は、セザンヌが生まれた南仏のプロヴァンス地方にある標高およそ1,000m、東西18㎞以上にわたり長くのびる石灰岩の山です。セザンヌは、この山を描いた油絵を30点以上残しました。それらの多くは、セザンヌの生地であるエクス=アン=プロヴァンスの町から眺めた尖った山

            スキ
            12

            【#休館中日記】vol.10(7月配信)

            大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

            スキ
            3

            横浜美術館所蔵作品とたどる、現代工芸の魅力

            「横浜[出前]美術館」-旭区編-現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」! 第9弾は、旭区の横浜市旭区民文化センター サンハートに、学芸員によるレクチャー「現代工芸の世界―素材と技法を手がかりに」をお届け!その様子をご紹介します。 そのほか、18区の魅力を発見する「みんなに伝えたい!わたしの街のいいところ」

            スキ
            3