見出し画像

動物が描かれている作品をまとめてみました

横浜美術館

note横浜美術館アカウントでは、「今月の1点」と「コレクション18区」でコレクション作品等の紹介をしています。合計25作品をご紹介してきました(2022年10月現在)。その中から動物が登場する作品をまとめてみたいと思います。

一見動物がいるとはわからない作品もありますので、探してみてください。
画像をクリックすると拡大します。そうすると作品の質感もよくわかるのでおススメです。


長谷川潔《草花とアカリョム》1969(昭和44)年

まずは、魚。
魚が飛んでいるようにみえます。金魚かな?メダカかな?

村上早《おどり》2021(令和3)年


大きく口をあけて女性と踊る熊。でもよく見るとその手が…。

ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》1890年頃


こちらは、蛇と黒い鳥。
よく見ないとわからないかもしれませんが、確実にいます。

高間惣七《カトレアと二羽のインコ》1973(昭和48)年


鮮やかな色彩の中に、鮮やかなインコが2羽います。

井上良斎(三代)《波文象嵌壷はもんぞうがんつぼ 銘「海」》1960年代


一見渋めの壺にみえますが、よく見るとタコ、カニ、タコ、カニの順番で並んでいます。

田中惟之《港の博覧会》1990(平成2)年


絶滅してしまった恐竜が博覧会の会場に。ブラキオサウルスでしょうか。

中島清之《椿笑園の主達》1970(昭和45)年


私たちにとって一番身近な動物、犬と猫が縁側でリラックスしています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!