vol.1 洞窟の女神の正体は!?ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》
見出し画像

vol.1 洞窟の女神の正体は!?ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》

横浜美術館

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

6.ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》

ギュスターヴ・モロー 《岩の上の女神》 1890年頃
水彩・グワッシュ、紙/ h. 30.2 × w. 19.7cm /横浜美術館蔵(坂田武雄氏寄贈)

うす暗い洞窟のなかで光り輝く女神。右腕に巻きつく緑の大蛇や頭上を舞う黒い鳥。きらびやかな岩肌を背にしたその表情は、もの憂げにも、いたずらっ気をたたえたようにも映ります。

おそらくは、モローの好んだ「ファム・ファタル」(聖書や神話に登場する、男を破滅させる「運命の女」)の女性像がいくつか混ぜ合わされたものです。しかし、その典拠は明らかではありません。また体つきを見れば、にわかには性別の判断もつかなくなります。

タイトルで女神という名で呼ばれた者の正体は、はぐらかされ続けるのです。こうした不確かさこそが、この女神(?)のもつ魅力の源なのでしょう。

横浜美術館「コレクション検索」(収蔵品データベース)はこちら

★オリジナル待ち受け画面をプレゼント!★
「今月の1点」の作品をデザインしたスマートフォン待ち受け画面を、「横浜美術館メールニュース」の読者へプレゼントします。待ち受けに設定し、作品への愛着を深めてくださいね。
メールニュースの配信は毎月1回、月末頃です。ご登録はこちら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!
横浜美術館
みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/