マガジンのカバー画像

【横浜美術館コレクション×18区】まとめ

18
横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品… もっと読む
運営しているクリエイター

#美術館

陽光差すアトリエで描いた、健やかな子らの姿―島田四郎《少年笛を吹く》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

横浜美術館
7か月前
5

木の「声」をきく―澄川喜一《そりのあるかたち》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

横浜美術館
8か月前
10

撮るのも撮られるのもひと苦労ー下岡蓮杖《三人の少年》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

8

「繭」でつむいだ「造形詩」ー由木礼《けものたちはみな去ってゆく》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

13

現実の中の幻想的な一瞬、光と影を描く作家の代表作ー山本貞《地の光景》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

7

アトリエに残された息遣いと痕跡

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

11

今につたわる今井川のほとりの小さな社―亀井竹二郎が見た明治初期の保土ヶ谷宿

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。 今回は、保土ケ谷区ゆかりの作品、亀井竹二郎の《保土谷駅 望湯殿山「懐古 東海道五十三次真景」より》についてご紹介します。 亀井竹二郎は、写真師にして画家でもあった横山松三郎や下岡蓮杖に就いて西洋画の技法を習得し、石版画の仕事にもたずさわった草創期の洋画家です。今日

夫婦そろって、は初の快挙! 共に高め合い、それぞれ築いた絵画世界。

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

8

波間に浮かぶタコとカニ。確かな技術が可能にした 三代 井上良斎 の自由な作陶

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

3

絵からどんな歌がきこえる?―旭区ゆかりの女性画家、岡本彌壽子が描く《幻(捧げるう…

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

2

波しぶきにこめられた、荒ぶる海のエネルギー。ークールベ《海岸の竜巻(エトルタ)》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

13

カラリストの真骨頂、色の魔法使い。ー高間惣七《カトレアと二羽のインコ》

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

4

幕末のイギリス人写真家・フェリーチェ・ベアトがみた戸塚。―カラー写真?絵画?どち…

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知で…

26

埋め立てが進む前の生麦の姿を捉えた、石渡江逸《生麦の夕》。黄昏時の下町風景にみる人々の暮らし。

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。 今回は、鶴見区ゆかりの作品、石渡江逸《生麦の夕》についてご紹介します。 うっすらと夕日が残る昼と夜の境目。空の上からは青みを帯びた闇が迫り、くっきりと輪郭を現し始めた月が、夜の訪れを告げます。小舟は行儀よく水辺に並び、人々はすでに帰路についたのか、人影のない静かな