横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024…

横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024年3月15日、約3年にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープン。 2024年3月15日~6月9日「第8回横浜トリエンナーレ」開催。https://yokohama.art.museum/

マガジン

  • 【#美術館日記】まとめ

    3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。「美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!ぜひご覧ください。

  • 【今月の1点】まとめ

    14,000点を超えるコレクション作品から、学芸員のテキストでご紹介します。

  • 【横浜美術館クイズ】まとめ

    横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください!

  • 【#休館中日記】まとめ

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

  • 【美術館のひとびと】まとめ

    リニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。この機会にさらなる魅力アップを図ろうと意気込む美術館のスタッフは、お休みのあいだも忙しく働いているようです。でも、いったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフとはどんな人で、どんな仕事をしている人? そんな素朴なギモンに、日ごろ表に出ることのない美術館のひとびとがお答えします!

ウィジェット

リンク

記事一覧

しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バートレット《横浜根岸の雪》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
5か月前
39

【#休館中日記】vol.27(2023年12月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
5か月前
7

【レポート】BankART Stationの臨時スタジオで作品制作を進めました

今回、淺井裕介さんが手がけているのは、大小様々な9枚のパネルを組み合わせると、横約4m×縦約3mの長方形になる作品。前回のレポートでは、いくつかのパネルを横浜信用…

横浜美術館
5か月前
27

【#休館中日記】vol.26(2023年11月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

横浜美術館
6か月前
10

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

横浜美術館
6か月前
21

【レポート】横浜信用金庫3つの支店で淺井裕介さんが公開制作を行いました

前回のレポートでご紹介した「土絵具」を用いて、現代美術家 淺井裕介さんの作品制作が本格的に始まりました。 そのスタートを飾ったスペシャルな取り組みは、横浜信用金庫…

横浜美術館
6か月前
19
しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バートレット《横浜根岸の雪》

しんしんと—。イギリス人画家も魅せられた、根岸の丘の雪景色。―チャールズ・バートレット《横浜根岸の雪》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

海沿いの集落に降りつもる雪のなかを行く、3人の男性。詩情に満ちた雪景色は、歌川広重の有名な浮世絵版画《東海道五拾三次 蒲原夜之雪》にも通じます。イギリスの画家・バートレットは、旅で訪れた東京で版元の渡邊庄

もっとみる
【#休館中日記】vol.27(2023年12月配信)

【#休館中日記】vol.27(2023年12月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

【レポート】BankART Stationの臨時スタジオで作品制作を進めました

【レポート】BankART Stationの臨時スタジオで作品制作を進めました

今回、淺井裕介さんが手がけているのは、大小様々な9枚のパネルを組み合わせると、横約4m×縦約3mの長方形になる作品。前回のレポートでは、いくつかのパネルを横浜信用金庫様の3つの支店で公開制作している様子をご紹介しましたが、 その後はみなとみらい線新高島駅の構内にあるアートスペースBankART Stationに臨時スタジオを設けて、大規模な制作に突入。12月2日までのほぼ毎日、朝から晩まで作業が続

もっとみる
【#休館中日記】vol.26(2023年11月配信)

【#休館中日記】vol.26(2023年11月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

幕末の横浜生まれ、サムライ姿の西洋人像―伝 五姓田芳柳《外国人男性和装像》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

裃を着けた江戸時代の武士の姿で立つ男性。その顔立ちは外国人です。この絵には西洋と日本が合わさった不思議さが感じられます。江戸時代の末、港が開かれた横浜は、外国からの人々や商品が上陸し、活気ある交流で賑わう

もっとみる
【レポート】横浜信用金庫3つの支店で淺井裕介さんが公開制作を行いました

【レポート】横浜信用金庫3つの支店で淺井裕介さんが公開制作を行いました

前回のレポートでご紹介した「土絵具」を用いて、現代美術家 淺井裕介さんの作品制作が本格的に始まりました。
そのスタートを飾ったスペシャルな取り組みは、横浜信用金庫様の3つの支店を巡る「公開制作ツアー」!2023年10月の3・4日に鶴ヶ峰支店(旭区)、11・12日に本店営業部(中区)、18・19日に市場支店(鶴見区)で行われました。

淺井さんは、今回制作する作品が横浜信用金庫様の100周年記念事業

もっとみる