横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024…

横浜美術館

横浜・みなとみらい21地区の中心に位置する、近・現代美術を専門とする美術館。 2024年3月15日、約3年にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープン。 2024年3月15日~6月9日「第8回横浜トリエンナーレ」開催。https://yokohama.art.museum/

マガジン

  • 【#美術館日記】まとめ

    3月15日にリニューアルオープンした横浜美術館。「美術館日記」では、美術館スタッフが日々の現場の様子をお伝えします!ぜひご覧ください。

  • 【今月の1点】まとめ

    14,000点を超えるコレクション作品から、学芸員のテキストでご紹介します。

  • 【横浜美術館クイズ】まとめ

    横浜美術館やコレクション作品に関するクイズを出題します。ぜひご参加ください!

  • 【#休館中日記】まとめ

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

  • 【美術館のひとびと】まとめ

    リニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。この機会にさらなる魅力アップを図ろうと意気込む美術館のスタッフは、お休みのあいだも忙しく働いているようです。でも、いったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフとはどんな人で、どんな仕事をしている人? そんな素朴なギモンに、日ごろ表に出ることのない美術館のひとびとがお答えします!

ウィジェット

リンク

記事一覧

いまは自分という生き物を整理整頓する時期。「複数性」という版画の考え方が整理できたとき、次のステップに進める気がしていま…

横浜美術館では、将来活躍が期待される若手アーティストを紹介する小企画展「New Artist Picks」を、2007年よりアートギャラリーなど館内の展示スペースで開催してきました…

16

世界に1枚だけの版画を刷ってみよう!

「横浜[出前]美術館」–南区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館…

7

波間に浮かぶタコとカニ。確かな技術が可能にした 三代 井上良斎 の自由な作陶

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動に…

3

見る角度で形が変わる山⁉―ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

16

【#休館中日記】vol.10(7月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

2

横浜美術館所蔵作品とたどる、現代工芸の魅力

「横浜[出前]美術館」-旭区編-現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館を…

4
いまは自分という生き物を整理整頓する時期。「複数性」という版画の考え方が整理できたとき、次のステップに進める気がしています。

いまは自分という生き物を整理整頓する時期。「複数性」という版画の考え方が整理できたとき、次のステップに進める気がしています。

横浜美術館では、将来活躍が期待される若手アーティストを紹介する小企画展「New Artist Picks」を、2007年よりアートギャラリーなど館内の展示スペースで開催してきました。
大規模改修工事による休館中は、その特別版となる「Wall Project」として、グランモール公園「美術の広場」に面した工事用仮囲いで、2回にわたり若手アーティストの創作を紹介します。
第1回目は、銅版画を主な表現手

もっとみる
世界に1枚だけの版画を刷ってみよう!

世界に1枚だけの版画を刷ってみよう!

「横浜[出前]美術館」–南区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。
お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」!

第10弾は、南区の横浜市吉野町市民プラザに、ワークショップ「モノタイプ版画に挑戦!」をお届け!その様子をご紹介します。
そのほか、18区の魅力を発見す

もっとみる
波間に浮かぶタコとカニ。確かな技術が可能にした 三代 井上良斎 の自由な作陶

波間に浮かぶタコとカニ。確かな技術が可能にした 三代 井上良斎 の自由な作陶

横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?

横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。

今回は、南区ゆかりの作品、井上良斎(三代)《波文象嵌壷 銘「海」》についてご紹介します。

南区は、古くから陶器制作にゆかりがあります。縄文土器の発掘や奈良時代の須恵器の生産、明治期の真

もっとみる
見る角度で形が変わる山⁉―ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》

見る角度で形が変わる山⁉―ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

サント=ヴィクトワール山は、セザンヌが生まれた南仏のプロヴァンス地方にある標高およそ1,000m、東西18㎞以上にわたり長くのびる石灰岩の山です。セザンヌは、この山を描いた油絵を30点以上残しました。それ

もっとみる
【#休館中日記】vol.10(7月配信)

【#休館中日記】vol.10(7月配信)

大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

横浜美術館所蔵作品とたどる、現代工芸の魅力

横浜美術館所蔵作品とたどる、現代工芸の魅力

「横浜[出前]美術館」-旭区編-現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。
お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」!

第9弾は、旭区の横浜市旭区民文化センター サンハートに、学芸員によるレクチャー「現代工芸の世界―素材と技法を手がかりに」をお届け!その様子をご紹介します

もっとみる