横浜美術館

みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2024年3月の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/

横浜美術館

みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2024年3月の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/

    マガジン

    • 【美術館のひとびと】まとめ

      リニューアルオープンに向けた大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。この機会にさらなる魅力アップを図ろうと意気込む美術館のスタッフは、お休みのあいだも忙しく働いているようです。でも、いったい何をしているの? そもそも美術館のスタッフとはどんな人で、どんな仕事をしている人? そんな素朴なギモンに、日ごろ表に出ることのない美術館のひとびとがお答えします!

    • 【#休館中日記】まとめ

      月1回更新。大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしていきます!ぜひご覧ください。

    • 【横浜美術館コレクション×18区】まとめ

      横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。「横浜美術館コレクション×18区」では18区ゆかりの作家や作品をご紹介します。

    • 【アートでめぐる横浜18区】まとめ

      新連載「アートでめぐる横浜18区」スタート!「横浜[出前]美術館」レポート、18区の魅力発見「みんなに伝えたい!わたしの街のいいところ」、18区ゆかりの所蔵作品や作家を学芸員のテキストでご紹介する「横浜美術館コレクション×18区」の3本立です。

    • 【今月の1点】まとめ

      毎月第3木曜日に更新。13,000点を超えるコレクション作品から、毎月1点を学芸員のテキストでご紹介します。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    【#休館中日記】vol.12(9月配信)

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜…

    横浜美術館
    4か月前
    4

    わたしはだれ?―ルネ・マグリット《王様の美術館》

    13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品…

    横浜美術館
    4か月前
    27

    世界に1枚だけの版画を刷ってみよう! Part2

    「横浜[出前]美術館」–保土ケ谷区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。 お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が…

    横浜美術館
    4か月前
    7

    今につたわる今井川のほとりの小さな社―亀井竹二郎が見た明治初期の保土ヶ谷宿

    横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか? 横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動に…

    横浜美術館
    4か月前
    5
    【#休館中日記】vol.12(9月配信)

    【#休館中日記】vol.12(9月配信)

    大規模改修工事のため、長期休館中の横浜美術館。「お休みの間は何をしているの?」と思われますよね。そこで「#休館中日記」では、リニューアルに向けて準備を進める横浜美術館スタッフの様子をお伝えしています!

    わたしはだれ?―ルネ・マグリット《王様の美術館》

    わたしはだれ?―ルネ・マグリット《王様の美術館》

    13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

    山高帽子の男はマグリットが好んで絵のなかに登場させた人物です。この作品は体の輪郭線と目、鼻、唇といった顔のパーツを除いて、森と山の風景に満たされています。さらにマグリットはこの作品のタイトルを友人に決めさ

    もっとみる
    世界に1枚だけの版画を刷ってみよう! Part2

    世界に1枚だけの版画を刷ってみよう! Part2

    「横浜[出前]美術館」–保土ケ谷区編– 現在、大規模改修工事のため長期休館中の横浜美術館。
    お休みのあいだ、横浜美術館の学芸員やエデュケーター(教育普及担当)が美術館をとびだして、レクチャーや創作体験などを市内各地におとどけする「横浜[出前]美術館」!

    第12弾は、保土ケ谷区の横浜市岩間市民プラザに、ワークショップ「モノタイプ版画に挑戦!」をお届け!その様子をお伝えします。
    そのほか、18区の魅

    もっとみる
    今につたわる今井川のほとりの小さな社―亀井竹二郎が見た明治初期の保土ヶ谷宿

    今につたわる今井川のほとりの小さな社―亀井竹二郎が見た明治初期の保土ヶ谷宿

    横浜美術館のコレクション(所蔵作品)の中には横浜市内18区と関連する作品があるのをご存知ですか?

    横浜の風景が描かれた作品、横浜出身の作家や横浜を拠点に制作活動にはげんだ作家の作品など、数多く所蔵しています。

    今回は、保土ケ谷区ゆかりの作品、亀井竹二郎の《保土谷駅 望湯殿山「懐古 東海道五十三次真景」より》についてご紹介します。

    亀井竹二郎は、写真師にして画家でもあった横山松三郎や下岡蓮杖に

    もっとみる