いい味出してるこの線、どうやって描いている?―パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》
見出し画像

いい味出してるこの線、どうやって描いている?―パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》

横浜美術館

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》1922
水彩・素描 h.33.3 x w.47.5 cm 横浜美術館蔵


人の姿を思わせるみっつのかたち。原画に描かれた線をなぞって別の紙に写しとる、クレー考案の「油彩転写」技法を用いた作品です。

クレーは生涯に300点を超える油彩転写作品を残しています。この技法を用いて写しとった線には、直接描いた線とは違う、ごつごつとした独特の味わいがあります。また、ところどころに見られる「むら」は、写しとる際の手の圧力や紙のこすれによって生まれたものです。偶然の力も利用したこの油彩転写には、あらゆる手をつかって「線」の表現を追求しようとするこの画家の姿勢が見てとれるでしょう。

横浜美術館「コレクション検索」(収蔵品データベース)はこちら
作品で用いられた技法「油彩転写」について、映像でご覧ください。



★オリジナル待ち受け画面をプレゼント!★
「今月の1点」の作品をデザインしたスマートフォン待ち受け画面を、「横浜美術館メールニュース」の読者へプレゼントします。待ち受けに設定し、作品への愛着を深めてくださいね。
メールニュースの配信は毎月1回、月末頃です。ご登録はこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!
横浜美術館
みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/