スフィンクスに登ってる奴は、誰だ?ーアントニオ・ベアト《遣欧使節とスフィンクス》
見出し画像

スフィンクスに登ってる奴は、誰だ?ーアントニオ・ベアト《遣欧使節とスフィンクス》

横浜美術館

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。


アントニオ・ベアト《遣欧使節とスフィンクス》1864年(元治元年)
アルビュメン・シルバー・プリント/h. 25.2 × w. 30.1cm/横浜美術館蔵


エジプトのスフィンクスの前。ここに写るのは、江戸時代の終わり、幕府からヨーロッパに遣わされた武士たちです。国内の混乱と外交の問題の解決に向けて、まずナポレオン3世を訪ねるため、フランスに向かう途中でした。

この10年あまり前の写真は、数分のあいだ静止していないと撮れませんでした。けれども、数秒で撮れる時代になっていたため彼らは、スフィンクスに登る者など、思い思いの姿で写っています。彼らの使命は、すでに開いた横浜の港をふたたび閉ざす難しい交渉でもありました。がしかし横浜の港は閉ざされることなく、後に発展できました。また撮影者のアントニオの弟、フェリーチェ・ベアトも写真家で、横浜で活躍しました。

横浜美術館「コレクション検索」(収蔵品データベース)はこちら


★オリジナル待ち受け画面をプレゼント!★
「今月の1点」の作品をデザインしたスマートフォン待ち受け画面を、「横浜美術館メールニュース」の読者へプレゼントします。待ち受けに設定し、作品への愛着を深めてくださいね。
メールニュースの配信は毎月1回、月末頃です。ご登録はこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!
横浜美術館
みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/