vol.2 怪力赤ちゃんの絵、海を渡る―渡辺幽香《幼児図》
見出し画像

vol.2 怪力赤ちゃんの絵、海を渡る―渡辺幽香《幼児図》

13,000点をこえる横浜美術館のコレクション作品から、毎月選りすぐりの1点をご紹介するシリーズ。学芸員がコンパクトに解説します。おなじみの作品も、はじめましての作品も、どうぞご堪能ください。

trim_030渡辺幽香88OJ073幼児図

渡辺 幽香 《幼児図》 1893年(明治26) 
油彩、カンヴァス /h. 57.8 × w. 84.0cm/横浜美術館蔵

明治時代に女性洋画家の草分けとなった渡辺幽香が、シカゴの万国博覧会に出品した作品です。

石臼を引きずりながらトンボをつかまえる、たくましい赤ん坊。豊臣秀吉に仕えた武将で、力持ちで知られた福島正則の幼い頃のエピソードを描いたとされます。明治維新を経て近代国家の仲間入りをした「強国日本」の存在を、万博という場で世界に印象づけることを意図したのでしょう。

一方、そうした制作意図を知らない人々にとっても、まるまるとした元気な赤ん坊の姿というものは万国共通で親しみ深く、魅力的なモチーフだったに違いありません。開港地・横浜で絵画を学んだ幽香ならではの、国際的な着眼点が発揮されています。

横浜美術館「コレクション検索」(収蔵品データベース)はこちら


★オリジナル待ち受け画面をプレゼント!★
「今月の1点」の作品をデザインしたスマートフォン待ち受け画面を、「横浜美術館メールニュース」の読者へプレゼントします。待ち受けに設定し、作品への愛着を深めてくださいね。
メールニュースの配信は毎月1回、月末頃です。ご登録はこちら


ありがとうございます!
みなとみらい21地区の中心に位置する、近現代美術を専門とする美術館。ただいま大規模改修工事のため長期休館中ですが、お休みの間の出来事や、コレクション作品の魅力などをお伝えしていきます。2023年度中の再開館をお楽しみに! https://yokohama.art.museum/